marble:ribbon

腐った女子の日々や落書き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルカリカ文(裏くさいメモ)

なんとなく思い付いたルカリカ文を部分的にメモ書きです
やや裏っぽい表現がありますので苦手な方は御注意を!
そしてリカルド氏がちょっと変態さんなのでリカルド好きさんも御注意を!




















リカルド

不機嫌そうな声に、目を覚ます

そこは灯りを落とした部屋の湿った寝台の上

俺は背後からミルダに抱きすくめられていた

「居眠りなんてひどいよ」

ミルダは俺の背に指を這わせ、顔を耳元に寄せた

「ちゃんとしゅーちゅー、して」

耳をくすぐる上擦った高い声に思わず自分も鳴くと、音の高低差に肌が粟立つ程ぞくりとした

それに気付いたのか、ミルダは耳元でくすくすと笑う

「リカルド、とりはだたってるよ」

背筋から脇腹に這い、移動する指と少し乱れた息遣いに腰から下の力が抜ける

「りかるど」

呼ばれるだけで、体が跳ねる

「ね、リカルド」

声が漏れる

「りーかーるーどー」

やばい、まずい、たかが声だけで、そう思う頭に反して、体はミルダの声に合わせて揺れる、悶える

「ぼくのこえ、こーふんするの?」

ミルダの顔がより近づいた

顔の横に細い髪がかかる

「ね、リカルド」

唇が触れそうな距離で、そんなに甘い声で、幼い音で

「リカルド」

馬鹿みたいにひっきりなしに俺が吐き出す鳴き声と混ざり合って、脳に染み渡る

「もう、降参?」

ああ、もう降参だ

頼むから、もう

固く閉じていた目をうっすらと開き、呼ぶ



「ミルダ……」

「なに?」

いつもの調子のミルダの声に、俺の頭が一気に覚醒する

「おはよ、リカルド」

勢いよく半身を起こすと、目に飛び込んできたのは朝の爽やかな光にそれと同じ位爽やかなミルダの顔

あれは、夢か、夢オチか


「珍しいね、リカルドが寝坊だなんて。ずっと呼んでたの気付かなかった?」

気付いていた、そりゃもう痛い位気付いていたさ。とは言えるわけも無く、すまなかったとだけ何とか絞り出した

「みんなもうご飯食べて準備万全だよ、リカルドも早……」

ミルダの視線が一点に止まる

何を見ているんだと、視線の先を辿って、同じく俺も絶句した

「じゃ、じゃあ、下でみんなと待ってるからね!」

慌てて部屋を飛び出したミルダの背を見送ってから、もう一度ベッドに倒れ込んだ

鎮まりそうにも無い熱とこの後どんな顔であいつと接すればいいんだという事で視界がぐらぐらと揺れる



「最悪だ」



スポンサーサイト
  1. 2012/09/14(金) 16:05:14|
  2. もうそう
  3. | コメント:0

リンク追加+140SS

本日、リンクに南十字あたるさんのサイトを追加させて戴きましたぁー!!綺麗なイラストが沢山でうっかり1日中拝見していた事もありましたwww
支部でもブログでもよろしくお願いします!大好きです!!(告白////



別所にてチマチマチマチマ打ってました、140SSをサルベージしてみますた
ジャンル混在してますが、並べてみると私の好きなCP傾向がすごく分かりやすくてなんか恥ずかしい結果に…
すきです、大人受…

ほんのりBLですが大丈夫な方は下へどうぞー|・ω・)ノ












不意にキミが笑った。いつも静かに笑むだけのキミが声を出して、楽しげに、幸せそうに。あぁ、キミはその子の事が好きなんだね。気付いてしまった事実から僕は必死に目をそらした。(見間違いでありますように) 【百神/ヤマトタケル×スサノオノミコト(×主人公)】


どうしてわかってくれないの、とミルダは言った。僕はリカルドの事が好きだよ。本気で好きだよ。「何故分かってくれないんだ」苦しい。喉の奥に何かが詰まっている様だ。「気の迷いだ、お前は勘違いをしているだけだ」どうか諦めてくれと、祈るようにミルダの細い体を強く抱き締めた 【TOI/ルカ×リカルド】


突然の雨に一本の傘。大の男二人が入るには窮屈なサイズ。傘を掲げる手が何度目かふらりと揺れた。僕が持とうか?と聞くと不機嫌そうに俺が持つと返された。ふと視界に入ったずぶ濡れになった彼の右肩。反対に目をやれば殆ど濡れていない自分の左肩。たまには雨も、狭い傘も悪くない。 【グレン/大甲大】
  1. 2012/06/18(月) 18:06:57|
  2. もうそう
  3. | コメント:2

メモ書き小ネタ

前に別ジャンルで書いた小ネタを突如グレンで書きたくなったので、忘れないうちにめもめも('∀'●)


きゅーけつきパロです!注意!
甲児くんが吸血鬼になって、空腹に堪え切れず大介さんを襲ったところ、というやたら中途半端な場面からです(メモだからー!)
しかしパロ好きだな私


大丈夫な方は下へドゾー|・ω・)ノ













甲児は大介の肩に顔を埋めたまま動かない

「甲児くん」

大介が出来るだけ優しい声音で呼ぶと甲児の代わりに腹の虫が鳴いた

体は本当に正直だと思わず吹き出すと、やっと甲児が顔を上げた

恨めしげに大介を睨む甲児の瞳はぞっとする程赤い

「いいんだよ」

「……俺はよくない、大介さんの血なんかほしくない」

「僕は甲児くんがお腹を空かせている方がよくないのだけど」

だから、と大介は肩にかかる自分の髪をかきあげて首筋を甲児の前に曝す

すると、また甲児の腹の虫が盛大に鳴いた

「いいんだよ」

もう一度言うと、大介の目の前にある顔がくしゃりと歪んだ

「好きなだけ飲んでくれればいい、全部飲んでくれても構わないから」

そう言って、大介は甲児の頭を優しく撫でたが、甲児は何も応えず、また大介の肩に顔を埋めてしまった

やがて肩に生暖かく湿った感覚を感じたが、それにも大介はただ笑っていた



(一時的な救いなんかいらないだろうね、知っているよ)







これから広げていきます_(:3」 ∠)_
  1. 2012/06/11(月) 18:29:58|
  2. もうそう
  3. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。